fc2ブログ

自然の力

経済活動に終わりはなく、お金儲けは結局ロクでもないことばかり、だからもうそんなものと付き合うのはウンザリ、と思いながらも、明日のお金をどうしようか…と日々悩まされている河合くんです。
でも、今生きるお金はあるのだから、何も心配しないでおこう、とも思っていたい。
やりたいことをやって、結果的にお金がもらえる、そんな道を模索しています。

そうそう、ここ何日かはキャンプ場へ行ったり、車の中で寝泊りしたり、昨日は友人の家へ遊びに行って泊めてもらいました。
なので、誰も心配してはいないと思いますが元気にやっております。
現在、家なき子です。笑

そしてなんと、ネットを使えるかなり良心的な図書館を見つけました。


キャンプ生活が一番自分の性に合っているなあと思う今日この頃です。
日が暮れると寝て、日が昇ると起きて活動を開始し、火を熾して料理して。

オレの故郷金津町には、無料で使える、トイレ、水道完備のスーパー良心的なキャンプ場がありました。
しかもそこは、地元の有名な山の頂上にあるので、環境は抜群に良く、街を一望でき、夜は夜景を楽しめます。
そんな山で、スーパームーンを眺めながら焚き火をしていましたよ☆
太陽が昇り、夕日を眺め、月を楽しみ、最高の時間です。
ただ、さすが山であるため、雨が猛烈な勢いで降ったときはテントに浸水して困った。笑
それに、ぼやっとしてると、食料をカラスに盗られます。笑
野菜は盗らないのですが、なぜか石鹸を、そしてオレの大好物の納豆を盗られたときは流石にブチギレましたぜ!!笑
しばらくはここをベースキャンプにしようかな。
皆さん遊びに来てください☆笑
もしかすると、そこに野菜の種を植えていたりするかもしれませんよ…。ムフッ

その山をずっと歩いて、剣ヶ岳、という山を登りました。
そこで一つ発見がありました。
剣ヶ岳の頂上に着くと(物凄く景色が良かった。オススメ)、蝶々、蜂、虫がたくさん飛び交っていました。
そういえば、キャンプ場にも、ここに来るまでの道中にも、これほどの虫はいなかったのに、なぜ頂上にだけこんなにいるのだろう、と疑問に思いました。
その答えは、結局人の手の施されてしまったところには虫も寄り付かなくなる、ということかな、と思った。
虫が寄り付かないということは、花同士の受粉ができない。
花同士の受粉がないと、花が増えない、緑が拡がらない。
目の前をでかい蜂が飛び交っていたのですが、全くびびる必要はありません。
彼らをずっと眺めていると、花の蜜を吸うのに必死のようです。
そして飽きるとどこかへ飛んでいってしまいます。

蝶々や、いろんな虫がいると、オレ自身、どこかほっとします。
それは、西表島にはたくさんの蝶々が飛び交っていたことも、あの島の雰囲気であると思います。

地球循環の根本、根源には、緑の力、そして虫さんたちの力が大きく係わっているように思います。
単純に、緑が多いと酸素が濃く、いるだけで気持ち良いものです。
清々しく、健康でいられるように思います。
緑を多くするためには、蝶々や蜂も含めた虫さんたちの力が必要なのです。
虫一匹にも役目があり、雑草と呼ばれる草たちにも役目があり、この世に無駄なもの、不必要なものなど何一つ無いのではないだろうかと思わせられます。
モグラは野菜を食い荒らすと共に、土を軟らかくしている。土が軟らかくなることで作物、植物が育ちやすくなる。
雑草は、その土に足りないミネラル分を補うために生える、という話も聞いた。

そして、そんな森の中、山の中にいると、自分が今まで抱えていた心配や不安など、なんでもなかったかのようにさえ思えてくるのです。

街には原始自然の緑が無くなってしまった、人のエゴが蔓延して生きづらくなってしまった、と思っていたのですが、山の森、木々などを見ていると、彼らは何の心配もしていない、ただ今あるがままを受け入れ、何のためでもなく、ただ生きている、ただ呼吸をして、そこに立っている、そこに在る。

そして彼らはこう語りかけてきます。

「何も心配いらないよ。まして僕らの心配なんていらないよ。好きなことをやればいいんだよ。大丈夫、すべてがうまくいっているから。なるようになるからさ。なるようにしかならないからさ。」

綺麗に手入れされた公園とかじゃなく、自然が自然のあるがままに育ち、花や草が咲き乱れ、蝶々が飛び交う、そんなところが増えるといいなあと思っています。

そんなことを思っているとき、オレの頭上20センチあたりに、「花咲か爺さん(はなさかじいさん)」が灰を蒔いて花を咲かせているの映像が浮かぶのです。

花咲き乱れる山になれ~!!


※追記
オレの文章には、自分で調べたこと、聞いたこと、仮説、憶測、勘、などがあります。
もし間違っていることがあれば、優しく教えていただけるとありがたいです☆笑

スポンサーサイト



Comment

No title

こんばんは。

ちょくちょくチェックしてますよ。

FC2ブログは標準で拍手ボタンの付近にTwitter、フェイスブック引用できる機能があるはずなので設定おすすめします。記事を宣伝するのに良いと思いますよ。

No title

ありがとうございます!!
設定しました!!
非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR