fc2ブログ

自然のサイクル

平和の王国、西表島から帰ってきました。
今、大阪にいます。
約2週間、西表島で過ごしました。

いろいろなことがありすぎて、まだ自分の中で消化しきれず、文章でまとめることができません。

「何もない」、ということは、言い換えると、「すべてがある」、このことを理解できたように思います。
何も持たなければ、人と競い合う必要もなく、奪い合う必要もなく、搾取する必要もなく、憎しみ合う必要もない、そんな気がします。

自然のサイクルをもろに感じることのできる西表島。
自然が豊かだと、その大地、土地自体が力強く、そしてその上で生活する人間も力強い、そう思った。
自然を破壊すれば、その土地、大地の力は弱くなり、人の力も弱くなり、ネガティブなエネルギーが生まれる。

ニューヨークで出会ったおじいちゃんの話。
おじいちゃんは20代のときに日本からアメリカに渡り、農業を始めた。
それから日本の大地をもう一度踏むことになったのは、なんとそれから30年後だった。
30年ぶりに帰った日本はどうでしたか、とおじいちゃんに聞いた。
「泣けてきましたね。全く景色が変わってしまった。自然がなくなっていましたよ。」



西表島は、日本の太古の姿なんじゃないのかな、とも思った。
海、森、それだけですべてが揃っているんです。

そんな西表島にも、リゾート施設建設などの問題があるという。

いろいろ考えたけど、オレ個人的に思うのは、お金儲けなんてロクでもないことばかり。
もういい加減そんなことは辞めてほしい。

西表島の自然が、あるがまま、そのままの姿で残されていきますように、心の底から願います。
そして、西表島から、もう一度自然サイクルと共に歩む人々の姿を、想像し、発信してほしい。



海岸を散歩していると、ウミガメの死体が漂着していました。
次の日、その死体は、頭の部分が白骨化していました。
それからまた2日ぐらいたった頃、死体はなくなっていました。
おそらく、海に還っていったんだと思います。

そんなウミガメの姿を見て、自然は循環しているということを実感しました。
物凄く奇麗に、循環しているように思いました。

島の90%がジャングル。
たぶん、ほとんど手入れされていない森だけど、たくさんの種類の木、植物がうまく共存している。
緑が多ければ、空気が奇麗で、鳥が多く、ちょうちょも多く、道路にはたまに亀が歩いている。

もし良かったら、一度、西表島の自然エネルギーを体感してみるのもいいと思います。

感じ方は人それぞれだと思いますが、オレは、自然はすべてを持っている、と思いました。



それと、ちょっと自慢話になるかもしれませんが、西表島で、カレー早食い大会でチャンピオンになりました☆笑

一人前5.5合のお米のカレーを平らげ、一時期だけ有名人になりましたよ♪笑



ちょっと、こっちの生活スピードに慣れるのに時間がかかりそうです。

それでは、明日福井に帰ります。

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR