スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児生活☆

育児生活2ヶ月と10日が経とうとしています。
そらは問題なくスクスク育っていて、3人になった家族生活を日々満喫しております。
自分たちのペースで、ありがたく、楽しく、過ごしています☆

沖縄に移住するきっかけとなった、相方みっきーの皮膚病とアレルギーは、日々私たちにいろんなことを教えてくれて、さまざまなことを知り、勉強するきっかけを与えてくれます。

今まで、脱ステロイド、脱保湿、食事療法、転地療法、低体温の改善など、あらゆることをやってきました。
今は、骨盤と背骨の歪みで呼吸器系、内臓などの働きが悪くなって喘息やアトピー、アレルギーを引き起こす、ということを知り、勉強&改善中です。

そして、何よりも大事なのは、育児、だということも知りました。
育児の仕方次第で、病弱な体質になったり、重い病気にかかったり、健康面で大人になってからもずっと悩まされ続けることになったりするそうです。
人工ミルクで育った子は100%母乳で育った子より病気にかかりやすくなったり、離乳食が早いと口呼吸が多くなって健康面で問題が多くなり、これらは体質となって一生かかわってくることになるみたいだ。

こういったことはすべてが当たってすべての人に当てはまるかはわかりませんが、自分たちが体験して、学んで、過去を振り返ってみた結果、人の一生の健康にとって一番大切なのは育児だと、実感しました。
逆に言うと、育児の仕方しだいで、病気にならない健康な子になる、ということ。
それは親次第でもある。


そもそも日本の育児は違ったものだったらしいが、アメリカの指導で、それをうのみにして進めてきた医療と育児が、今や日本社会全体のたいへん大きな問題になっている。バカ真面目に言うことを聞いていると大変な目に遭う。

私たちは、それらの良からぬ要因から子を守るため学び、実践していかねばならぬ。

とにかく、そらには健康な体で育ってほしい☆


そしてありがたいことに、相方みっきーの皮膚病、アレルギーを通してすごくたくさんの大切なことを学び、知ることができたこと、長い間苦しみ続けてきた病気に対して感謝の気持ちが湧いてくる。
こういったことがなければ、こんなに大切なことを知ることができなかったかもしれない☆

ありがとう♪


そしてそして、全く話は変わるが、辺野古への米軍基地移設問題で、日本政府の沖縄に対する対応に怒りMAX心頭中!!

まったく、、、

これは、日本という国の根底にある権力というものの在り方、そして日本の民主主義の在り方が問われているぞ!!


やらねばならぬ 何事も
なさねばならぬ 何事も
スポンサーサイト

反戦、革命の歌☆

みなさんいかがお過ごしですか?
こちらではもうとっくに桜が散っており、乾燥していた冷たい空気と風は、湿気をおびて暑い暑い沖縄のシーズンに向けて準備を始めているようです。

そらが産まれて1ヶ月と2週間がたちました。

最初はうまくお乳を飲めなくて、なかなか体重が増えず、病院からは人工ミルクを与えるよう言われましたが、母乳100%で育てたいという想いがあってそれを断り、試行錯誤いろいろやり続けて、今ではお乳をガブガブ飲んで、何の心配もなく育っています。
そしてオムツを使わず、普段はふんどしをつけて、
「おしっこがしたい〜!!」と泣けばオマル(トイレ)に乗せて、「おしっこシャー、シャー」と言うとおしっこをしてくれます。
手探りで始めたオムツなし育児も、だいぶ要領をつかんで、毎日毎日のそらの成長が楽しみで仕方ありません☆
そらを抱っこしているとき、今までに味わったものとはまた別の、この上ない幸福感に包まれます☆

原発問題、軍事基地の問題、自然破壊、社会の歪み、変な事件、いたるところでさまざまな問題がありますが、今目の前にある幸せを大切に、そしてそれを脅かされないように、守らなければならないものがある、そう強く思います。

明日3月6日、高浜原発の再稼働についての原子力安全専門委員会が、福井県庁6階大会議室にて朝10時から行なわれるそうです。
9時〜9時30分の間に行けば傍聴できるそうなので、時間のある方はぜひかけつけてください。
しっかりと抗議していかなければ、また
3年前と同じように、全国でただ一つ福井で、原発を再稼働させることになってしまいます。

最近、ジャズピアニストであるジョバンニ・ミラバッシのアルバムを聴いています。アルバムのタイトルは「AVANTI!」。反戦、革命の歌を集めてジャズ風にアレンジして演奏する、ピアノソロ作品。
日本では「不屈の民」と題されている、世界的に有名な「EL PUEBLO UNIDO〜」からイマジンまで、イタリア、スペイン、フランス、いろんな国の反戦、革命の歌が入っています。
しかも、ブックレットには反戦、革命の歴史を垣間見れるような貴重な写真が多数。
世界的に有名なジャズピアニストが、こういった作品を発表していたことに驚き、すごくうれしくなった!!
オレが知りうる限りでは、ジャズプレイヤーで、こんなに表だって反戦、革命を表現する人はいなかった!(もし他にもいたら教えてほしい)。
ちなみに、この作品は2001年に作られたものらしい。
この作品は、同じように平和を願う人々の心を癒してくれるのではないかと、お勧めします☆
(しかも、今週末には沖縄北部の大宜味村でジョバンニ・ミラバッシ・トリオのコンサートが…!)


それでは、また、ご報告します〜☆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。