奏でる

何よりも人格権が大切、それを経済と天秤にかけること自体がお門違い、原発を再稼働してはいけない。
すごく簡略的な私の解釈だが、忘れもしないあの日あの時、そんな判決が出された福井地裁、樋口裁判長より。
それが昨日、金沢高裁で全く否定された判決が出されたらしい。
そもそも自分はなんとなく感覚的に、裁判には何の思い入れもなかったし、期待もしていなかった。
ただ、そこに一途の望みでもあるならばと、そこに懸けて活動する熱く優しい情熱的な人達がいるから、そんな人達に心を揺さぶられ、応援したいと思ったし、そんな望みに懸けたいと思う。

何よりも人格権が尊重されなければならない。
そんなことを言ってくれる大人が1000人中何人いるだろうか。
学校の先生がそんなことを言ってくれるだろうか。
福井地裁の樋口裁判長は言ってくれた。

勝てない裁判かもしれない。
でも闘う人達がいる。
原発を止めて、新しい日本を創っていく。
何を否定する理由がある!!
今ある社会はろくでもない。
尊敬もしているけど、残っているものは、ろくでもないものばかり。
落ちるところまでおちろ。
私は創る。

何かグチみたいになってきて自分でも嫌になってくるけど、戦争に原発に環境破壊、見栄と体裁の社会を作り上げた大人たちのおかげで、未来はすごくいいものになると思うのだ。
自分の孫の世代ぐらいには、いい世の中になっているような気がするのだ。何の根拠もなく、なんとなくそう思うのだ。
そのために私は今できることをやる。

やりたいことはたくさんあるし、今までの社会の価値観とは違うことをやらねばならないと、たくさん思っている。
正確には、やらねばならないというより、結局やりたいことなのだ。

きっと、世の中は変わる。
少しずつ、ゆっくりと、時間をかけて、古い世代が新しくなるように、すべてを悟っていくかのように
スポンサーサイト

うめ〜

「梅」の「雨」と書いて梅雨と読む。
まったく、梅雨なのか台風なのか、雨が止みません。
まあ、この時期はこのくらい降ったほうが季節感があって良いのかいな。

家の梅の木にはアホほど実がなっておりまして、梅干しに梅シロップ、しこたま仕込んで一段落したところです。
アホほど実がなるとはなんだか言葉が悪くて梅の神様からバチを与えられそうですが、ありがたくありがたく使わせて頂いております。
おかげさまで、今わが家は梅の香に包まれて、気持ち豊かに過ごしております。

夏には、毎年恒例の福井県田原町商店街の祭りでかき氷屋さんをやる予定ですが、今年は「自家製梅シロップ」をメニューに追加しようと思います。
去年の「生絞りメロン」に続いて新のメニュー。毎年チャレンジチャレンジ☆笑
みんな食べに来てね♪

それはそうと、今わが家にはちょいと時期遅れのツバメがやってきています。
私たちの居間に立派な巣を作りました。
この降り止まない台風の中、チュン助とチュニエは大変だろうな。
無事にこども達と巣立ってくれるといいな☆

そしてウチの猫は最近お腹が大きくなってきて、おっぱいが張ってきていて、ゴロゴロ寝てばかりいます。
どうも怪しい…。こりゃ妊娠の疑いアリだ。
困った困った。
でもなんだかうれしいな。

まあ、そんなこんなで賑やかだ。

あ〜した天気にな〜れ♪
ならないか。まだ台風か。
笑っていられるうちが花だ。降り止まないぞ。

とにかく、11日の音鳴文庫のライブ、ヨロシクお願いします。楽しみ♪
20180703225118dc9.jpg

久しぶりのライブだ〜

20180621223742c39.jpg

北海道へライブで行っていたのはもう遠い昔のことのようではあるが、いろんな出会いと楽しい思い出は今でも鮮明に覚えている。
ひょんなことで出会った、苫小牧にあるOLDというバー。
店を運営するクロちやんと、シンガーのアラヤタツロウ。
北海道へ行くたびに、オールドでライブをして、一緒に遊びまわって、良い思い出ばかりだ。
そんなアラヤタツロウが、今ワタシが住む柿木村へやってくる。
初めて会ったときはお互い20代だった。
何年ぶりになるだろう。
お互い変わったかもしれない。
またバカみたいに遊べたら、それが一番いいなあ。
ところは白谷、音鳴文庫。
素敵すぎる空間で、奏でますぜ魂の歌を。
よってらっしゃい聴いてらっしゃい。
銭はいらねえがお気持ちはいただきます。
7月11日(水)18時スタート。
みんな遊びに来てね。楽しみだー♪

抵抗の歌

もうとっくに田植えは終わったのですが、ちょっと時間ができたので今更ながらブログを書こうかと思い立った河合くんです。

3年間休耕田だった田んぼ。
3月から手入れを始めて、なんだかんだいろいろあったけど、無事田植えを終えることができました。
明日は仲間との泥落とし会。楽しみ☆
とりあえず田植えが終わったらみんなで飲むらしいよ。笑

日本棚田100選の一つ。
県も町も観光地として力をいれているちょいと有名な棚田。
ご縁あってそんなところの20枚、約5反の田んぼを管理しています。
ちょいちょいと協力してもらってます。
良い所は数しれず、がしかし受け入れ難いことも多々あったり…。

現代社会の中で生きる者として、その社会のルールを無抵抗に受け入れて、臭いものは見ないように自分に都合の良いものにだけスポットを当てて、波風はたてることなく、穏やかにのんびりと、暮らしてゆけたらと、常日頃思ってはおりますが、
現代社会に生きる一人の人として、個人的に、抵抗せねばならぬと思うことが多々あるのでございます。

自分にとって、今やっている田んぼ、棚田は、観光地としてとかはどうでも良くって、自分の生活そのものであり(今そこに住んでいるから)、自分が田んぼをやっているからには、それは自分が今を生きる表現でもあるんだな〜と最近思うのです。

無農薬で、人工的な汚れのない清流で、先人たちが遺した昔の匂いが残る古き良き手造りの田んぼで、お米を作る。
それが今の自分が田んぼでやりたいことであり、何をしていても、それは表現でありたいと、ふと思いました。
そしてそれは、自分にとっての現代社会への抵抗でもあるのだなと、いろいろ感じながら思っています。

自分の納得のいくお米が作れたとき、そのお米には『抵抗の歌』という名前をつけて、いろんな人に見てもらいたいなと、何年後になるかわからない夢をみながら、毎日を幸せに暮らしていこうと思います。
201806022156223c6.jpg

田植え☆

はいはいどうもこんばんは☆
昨日、アイスランド出身の歌手ビョークと、雪合戦ならぬスイカ合戦をする夢を見た河合くんです。
スイカを投げ合って見事に割れる様を楽しむという、斬新的でユニークな遊びでしたが、ワタクシの相方いわく、ワタシは寝ながら笑っていたそうです。笑笑

それはそうと、久しぶりに天気が良く暖かくなった晴れ晴れしい今日という一日。
家族でご近所さんの田植えの手伝いに行きました。
ワタクシは田植機でせっせと田植え。
休憩にはお菓子とお茶とコーヒーをおばあちゃんにご馳走になり、わが家の暴れん坊そらはというと、ハイテンションで田植えの終わった田んぼにお尻まで浸かりながらヌイヌイ歩いて遊んでいました。
邪魔にならない程度に見事に遊び、自分でバランスを取りながら、自分の力で一歩一歩ぬかるむ足を進めていく姿にあっぱれ。
そして何より、植えた稲をちゃんと避けているところがスゴイ!!ビックリでした。

みんなで楽しい素敵な一日。
花の大東京、渋谷で野草を売っているという素敵な方の茶摘みも見れて、良き人々に囲まれて、良かった良かった。

そうだそうだそら君や。この調子で、田んぼも畑も好きになってくれたまえ♪

2018051021422181e.jpg
201805102144345fd.jpg
20180510214520187.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR